薄毛は遺伝とは関係ない?

薄毛にはさまざまな原因があると言われており、特に遺伝による影響が大きいと言われています。しかし、遺伝だけでなくストレスも薄毛の大きな原因の一つとなっているので注意が必要です。ストレスは髪の毛にどんな影響を与えるのかということですが、まずは過度のストレスによって髪の毛に十分な栄養素が送られなくなってしまうということが挙げられます。また、ストレスにはタバコのニコチンと同じように血管を収縮させる作用があり、ストレスを感じると血管の隅々まで血液がしっかりと行き渡らなくなってしまうのです。髪の毛は頭皮にある細かい血管によって栄養が補給されているため、ストレスを感じると髪の毛の成長が遅くなってしまったり、細くなってしまったりすることがあるのです。また、ストレスによって胃腸にも影響が出てしまうことがあります。腸内の悪玉菌が増えてしまうこともあると言われており、結果として血液にしっかりとした栄養が供給されなくなってしまうのです。髪の毛に送られる栄養も少なくなってしまいますし、それによって薄毛を引き起こしてしまうこともあります。現代社会において、ストレスほとんどを感じることなく生活していくことは難しいでしょう。仕事や人間関係などでストレスを感じることも多いため、ストレスを効果的に解消する方法を考えておくことが大切です。たとえば週に1日だけは好きなことをして過ごす日などを作ったりすると良く、好きなことをしていればストレスも溜まりにくくなるのです。特に趣味などがないという場合、体を動かしてみると良いかもしれません。体を動かすことにはストレス解消効果がありますし、血行促進作用によって育毛効果がさらに高まります。

薄毛治療に効果的な方法

薄毛治療には、ある程度時間が経った場合も効果的なミノキシジル、男性型脱毛症に効果があり、薄毛の原因を取り除くフィナステリド・ヂュタステリドがあります。効果的に薄毛治療に効果を得るためには、原因を確かめ、その人にあった治療を選択することが大切です。薄毛のタイプによって効果が違うため、まず原因を知ることが大切です。頭頂部は、塗るタイプのミノキシジルだけでも良いですが、生え際の改善も併用するには、フィナステリドを兼用することで効果が出やすくなります。AGAは年齢とともに増加する傾向にあり、対策のためには、認可した医薬品が一番効果的です。薄毛対策には、医療部外品でも効果が出る人もいますが、効果は穏やかなため、時間がかかりやすいです。AGAには、髪が細くなってきた、額の生え際または頭頂部のどちらか、もしくは両方が薄い、産毛が生えてきた、薄毛がゆっくり進行してきたなどの特徴があり、AGAは男性ホルモンが酵素の影響により薄毛の原因となる物質に変化し、それが髪の成長を阻害してしまい、髪に栄養や血液を届かなくなってしまう原因となってしまいます。薄毛治療の対策として、薬を入手するためには、皮膚科などで治療を受け、処方してもらう、AGA専門のクリニックで薬を処方してもらう、個人輸入で自己責任の上薬を購入するなどの方法があります。個人輸入をした場合、費用は安くなりますが、偽物などもあるため、自己責任の上購入し、また、副作用がある可能性もあるため、何かあったら必ず病院で治療を受けることが大切です。トラブルがあったとしても、個人の責任のため、トラブルを避けたい方は、クリニックや病院で薬を処方してもらうことが大切です。

薄毛とホルモンの関係

男性ホルモンが多いと体毛が濃く、髪の毛は薄毛になると言われています。聞いたことがある人も多いかもしれませんが、男性ホルモンがどのように薄毛を促進するのかについて詳しく知っている人は少ないでしょう。髪の毛以外の体毛を濃くするのが男性ホルモンの役割となっており、女性ホルモンには頭髪を健やかに保つ働きがあると言われています。ちなみに、男性でも女性ホルモンは作られていますし、女性でも男性ホルモンは作られているため、性別に関係なくどちらのホルモンも分泌されているのです。男性ホルモンがどのように髪の毛に影響を及ぼすのかということですが、男性ホルモンの一種には皮脂の分泌や毛母細胞の分裂を促進させる効果があります。この男性ホルモンが活性化されることにより、強力な男性ホルモンが作り出されることになります。この物質が髪の毛の元になるタンパク質の合成を阻害したり、皮脂の分泌を過剰にして毛穴を詰まらせたりしてしまうため、それらが薄毛や抜け毛の原因となってしまうのです。また、前頭部や頭頂部は男性ホルモンの影響を受けやすいのですが、逆に側頭部や後頭部などは影響を受けにくい部分となっています。そのため薄毛になった人でも後ろの髪の毛だけは生えていることが多いのです。女性ホルモンは髪の毛にどのような影響を与えるのかということですが、女性ホルモンは毛乳頭細胞に作用して毛の成長を抑制するという効果があります。それによって髪の毛が成長から抜け落ちるまでの期間を長くする作用があり、男性よりも女性の方が髪の毛を伸ばすことができるのです。ちなみに、女性ホルモンが不足することにより、女性でも薄毛や抜け毛になりやすくなります。