AGAの問診票とバイオテックの薄毛対策

AGA治療のためにクリニックに行った場合、問診票に記入するケースがあります。この問診票には、いつから薄毛が気になり始めたか?家族に薄毛の症状の人がいるか?また今まで大きな病気やアレルギー、医薬品を服用しているのか?などを聞かれることが多いです。問診票は正しい治療を行う上で必要なことですので、隠さずに記入することをおすすめします。一般的なAGA治療は、医薬品の服用になりますので、正常に使うためにも診察を受けて、AGA治療を開始しましょう。

バイオテックでも薄毛対策を試みることができます。医学的にプロペシアとミノキシジルがAGA治療に適していることが証明されていますが、バイオテックでも同じような試みがされています。AGAの原因は脱毛を促進させる悪玉の男性ホルモンに対処しなければいけません。そのためにプロペシアを使うことになりますが、バイオテックの場合は、別の方法でこの男性ホルモンに抵抗することになります。医薬品を使うことに抵抗がある方は、バイオテックで薄毛改善を試みることもできるでしょう。

AGAの基本は、悪玉の男性ホルモンに対処することから始まります。抜け毛が気になったレベルで、それほど頭髪に変化がない人は、この男性ホルモンの対処だけで済むことが多いです。頭髪自体が薄くなり、頭皮が見えるような状況は、発毛も必要になることからミノキシジルが必要になります。そうなると改善までに時間が掛かり、また完璧に以前の状況に戻すのは難しいのが現状です。なるたけ早い段階で治療を始めることが、改善の道標となりますので、気になるのであれば、早めにクリニックに通うことをおすすめします。早ければ早い方が治療も最小限で済みます。